お着物日和 blog

2017年05月06日

今からでも遅くない!確定拠出年金の活用術☆

企業に導入されている確定拠出年金を上手に活用していますか?わからないでそのままで・・・というのはあまりにも損していますね。今からでも遅くないですよ!今年はぜひ向き合ってみましょう!
 

 

お早うございます!

先日、『今からでも遅くない!確定拠出年金』特集記事をお手伝いした会報誌が送られてきました。

 

確定拠出年金の継続教育をするために一般社団法人あんしんLifeコミュニティを立ち上げて6年目になり、研修や相談だけでなく、誌面でもお手伝いできるようになり、嬉しい限りです。

 

今からでも遅くなり!というタイトルは、従業員が40代、50代がメインの会社だったからこんなタイトルになったのですね。


さて、最近では個人型確定拠出年金がiDeCoを聞くようになりましたが、加入者として多いのは断然、企業型確定拠出年金の加入者です。

 

しかしせっかく会社で確定拠出年金が導入されていても、「会社で何かしら説明を受けたもののよくわからずそのままです・・・・・」こんな方が多いのです。

 

なぜ、確定拠出年金はあるのでしょうか?

そうです、リタイアした時の退職金としての役割です。

 

人によって違いがありますが、毎月生きるためにはお金がかかります。人生を愉しむにはさらにお金がかかりますね。

国の年金財政を考えれば、いずれ年金の支給開始年齢は上がり、年金額は下がっていくことでしょう。

 

年金だけで生活するのは難しくなっていくことが予想されているのであれば、生活費をどう工面していくのでしょう?

 

きっとそれまでに蓄えをしているでしょうし、働き続けているかもれません。

 

そんな蓄えも人によって違いますが、日本でも所得格差が広がってきています。


「こんなはずではなかった・・・」と後悔しないためにも、貯蓄もある程度はしておきたいですね。



企業型の確定拠出年金は毎月会社がお金を拠出し、それを積み上げていくものです。


リタイアした60歳以降にもらえる額は、投資を活用するかしないかでも大きく変わってくるのです。

 

投資を活用して蓄えをふやしていくためには、学んでいく、実践していくことが必要です。

 


会社で導入されている確定拠出年金は、すぐにでも学び実践していくことで、実際に残高は随分変わっていますよ。

 

今年はそんな確定拠出年金のサポートを引き続きしていきたいと思います。