プロの女性FPでのアドバイスをお求めの方は080-2620-1502もしくは✉mizuno@ksplanning-fp.comまで!

女性×がん治療と仕事の両立②~両立するうえで困難なこと

女性×がん治療と仕事の両立②~両立するうえで困難なこと

さて、がんと仕事との両立について2回目。


がんはお年寄りというイメージも強いですが、毎年20~64歳の約22万人はがんにかかっている状況だそうです。

約3割の7万人は死亡されていますが、約7割はがんにかかっても長く生存し、社会で活躍している人も多いとのこと。


がん治療と仕事との両立で難しい理由としてはどんなことがあげられているのでしょう?


内閣府の調査によると・・・

・代わりに仕事をする人がいないから頼みにくい

・職場が休みを許可してくれるかどうかわからない

・休むと職場の評価が下がるから

・体力的に困難

・精神的に困難



精神的や体力的な両立は本人次第になりますが、がん治療によって通常通りの勤務ができないことがネックになっていることがわかります。



企業規模でみると、大企業ほど、代わりに仕事をしてくれる人がいる体制ができているためか、治療と仕事を両立している割合は高くなっています。

がんの治療だけでなくうつ病なども増加していることから見ても、今後企業でも、柔軟な勤務体系や仕事のシェアしていく体制作りを見直すことが求められてくることでしょう。


政府としても、企業の治療休暇制度の充実や助成金対策なども提案されていますので、今後の具体的なな政策にも注目していきたいですね。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional