プロの女性FPでのアドバイスをお求めの方は080-2620-1502もしくは✉mizuno@ksplanning-fp.comまで!

生命保険料控除の改定

画像の説明

少しずつ秋めいた気候になってきました。
保険会社から生命保険料控除証明書が郵送される時期でもありますが、今年度に生命保険に加入や見直しした方、保険料控除の制度が変わっていますのでご確認ください。

■生命保険料控除はどう変わる!?

「一般の生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」の2種類の生命保険料控除が、平成24年1月1日以降の契約に加入した場合、「介護医療保険料控除」が加わる3種類になります。

画像の説明

今までの生命保険料控除額は、所得税はそれぞれ最高5万円で合計10万円までです。
平成24年からは介護医療保険料控除が加わり、それぞれ最高4万円で合計12万円と増額されます。
個人住民税の控除限度額はそれぞれ最高2万8000円ですが、合計は7万円で変更ありません。

■新しくできた「介護医療保険料控除」とは?

☆平成24年1月1日以降加入した、医療・介護・所得等を補償する契約について対象となります。
死亡保障と介護、医療保障を兼ねた保険の場合は、法令に基づき一定の条件を満たす場合に対象です。

<注意点>
・平成23年12月31日までに加入した契約でも、転換や更新、契約の特約の中途付加した場合は、新制度(最高4万円)となります。
    
・新傷害特約や災害割増特約のように、身体の傷害のみに起因して保険金が支払われるものに係る保険料は、生命保険料控除の対象外となります。

auto_c5aapL.png

Q:去年までに保険の契約した場合は、影響あるの?
A:今まで通りです。「一般保険料控除」、「年金保険料控除」の最高 5万円が適用されます。

Q:去年まで契約と今年度の契約、両方あったらどうなるの!?
A:旧制度と新制度が混在します。

→旧制度:平成23年12月31日以前に加入
→新制度:平成24年1月1日以降に加入

<ケーススタディ> 旧制度と新制度の混在の場合

[契約1]旧制度
平成20年9月1日 ○保険種類:終身保険 ○年間支払保険料:72,000円

[契約2] 新制度
平成24年4月1日 ○保険種類:定期保険 ○年間支払保険料:60,000円

<契約1> 支払保険料:72,000円 ⇒ 控除額は4.3万円(a)
<契約2> 支払保険料:60,000円 ⇒ 控除額は3.5万円(b)

一般生命保険料控除は、(a)4.3万円 (b)3.5万円から選択する。

控除額は4.3万円(控除額の高い旧制度を選択た方が有利)

<選択ポイント>
・旧制度適用契約の控除額が4万円以上なら旧制度選択
・  〃       4万円以下なら新制度適用

♦ただし、一般・年金・介護医療の控除額を合計し、最大適用限度額は12万円です!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional