プロの女性FPでのアドバイスをお求めの方は080-2620-1502もしくは✉mizuno@ksplanning-fp.comまで!

自動車保険に弁護士費用はつけるべき!?

自動車保険に弁護士費用はつけるべき!?

昨日弁護士さんから交事故の話を伺い、わが家の自動車保険も「弁護士費用特約」をつけておいて良かった!と思いました。


弁護士費用とは、プロである弁護士費用や訴訟費用を保険でカバーしてくれるものです。


車の事故で多いのは約6割は追突か出会い頭衝突で占めるそうです。


何かあった時のための自動車保険ですから、いざ事故に合って示談交渉は保険会社がしてくれると思いますよね。


でも、自身が全く悪くない...、いわゆる過失がゼロの時はどうでしょう?


保険を適用ないと保険会社は示談交渉を代行してくれないのです。


治療費や交通費などわかりやすい金額はもめることはないそうですが、


休業の費用や慰謝料、後遺症による逸失利益については問題になるそうです!

個人でどこまで立証できるかどうか?

弁護士が関与した場合、慰謝料が増額されるケースもあるそうです。


鎖骨骨折によって治療費7か月(入院7日に通院は8日)の事例で見ると、

保険会社の基準だと約37万円→裁判基準だと約130万円に!


後遺症の慰謝料は自賠責基準が1級で1100万円に対し、裁判基準では2800万円のかい離も!

もちろん全てがプラスに運ぶわけではないでしょうけれど....。


ちなみに弁護士費用特約をつけていたら、車搭乗中の事故で過失がゼロの場合でも、歩行中、自転車搭乗中の被害事故でも、対応してくれます。


同居のご家族だけでなく、別居で独身の子の補償まで・・・・


その弁護士費用としての負担は年間1600円位。

弁護士費用や訴訟費用が1事故あたり300万円を限度カバーしてくれます。


しかも等級ダウンはしません。


皆さんの、自動車保険の更新の際は、再度チェックしてみてくださいね~

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional