プロの女性FPでのアドバイスをお求めの方は080-2620-1502もしくは✉mizuno@ksplanning-fp.comまで!

資産運用相談

資産運用の相談

news!

ソフトバンク社債は年1.74%、SBI証券にてわずか3分で完売!

お金を増やしたいと思っていてもどこから手を出していいかわからない方も多いのではないでしょうか。

お金の殖やし方も、一括と積立と運用方法も様々です!

<一括で運用をする>  

A,すぐに使うお金→ 換金性の高い金融商品
B,使い道が決まっているお金→ リスクの少ない金融商品
C,当分使わないお金→ 利殖商品

<毎月少しずつ運用>

少額でも投資でき、かつ、投資タイミングをずらすこと(時間の分
散)でリスクを軽減させます。一括運用との併用は非常に効果的です。

積立投資の効果

投資というと金融商品をいくらで買うかという価格に意識が集中しがちなため、価格が下落した時には不安となり、ストレスを抱えることとなります。では積立てで投資した場合はどうでしょうか?積立投資の場合は、「数量(口数)×商品の価格」が投資評価となります。売却する段階での価格も重要ですが、実は、数量(口数)というものが投資評価に大きく影響します。

一回でまとめて投資する場合、最初に購入した数量(口数)は変化しません。しかし積立投資は毎月投資し、価格が毎月変わりますので、買える数量(口数)も変わります。価格が上昇すると買える数量(口数)は減り、逆に価格が下落するにつれ、買える数量(口数)がどんどん多くなります。価格が下落しても数量(口数)が多く買えるというのは、ストレスなく投資できる積立投資のメリットだと思います。その例を具体的に見てみましょう。

例えば毎月1万円ずつ積立て投資をすると、1年間で12万円、10年間で投資金額は合計120万円になります。価格が下図のように推移した場合、10年後いくらになるでしょうか?最初1万円だった価格は途中2,000円まで下落し、10年後の段階で5,000円まで戻した場合です。

画像の説明*

毎月投資した場合、10年後の最終評価額は、投資金額120万円より多くなります。10年後の価格が5,000円で、最初の価格(10,000円)まで戻らなかったとしても、評価額は139万円となるのです。これはなぜでしょう?価格が下落して数量(口数)が多く購入でき、その数量(口数)に価格を掛けて評価されるためです。

ではもし同じ投資金額120万円を最初にまとめて一括投資をした場合(価格1万円の時点で購入)はどうでしょう?10年後、評価額は半分の60万円となってしまいます。一括投資の場合は購入時の価格と売却時の金額が重要になり、購入時よりも価格が下がった時点で売却すると、損することとなります。

では価格が途中まで下落し、10年後に最初の価格まで戻した場合を見てみましょう。同じように毎月1万円ずつ10年間積立した場合で、投資金額120万円となります。価格は1万円から途中2,000まで下落し10,000円まで戻したとします。
          
画像の説明       

合計投資額120万円に対して、10年後の評価額は約2倍以上の約241万円となります。一括投資であれば10年後もトントンですが、積立投資であれば価格が下がった分、たくさんの数量(口数)が買えたためであり、積立投資の「リバウンド効果」とも言われます。

では長期投資の場合で、運用効果の違いを見てみましょう。

毎月1万円ずつの積立投資を30年間した場合、合計投資額は360万円となります。価格が早く上昇した場合をA、一定割合で上昇した場合をB 、最後に上昇した場合をCとした比較ですが、運用効果の違いの差は歴然であり、長期に渡って多くの数量(口数)を買い込めば、大きなリターンが期待できます。

画像の説明    

ただ積立投資も最初に決めた資産配分(アセットアロケーション)を放置しておくのではなく、経済環境の変化によって、最低でも3か月に1回は見直しすることが必要です。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional